「ヤノマミ」 アマゾンの大地に抱かれる精霊の子、原始の子。

5年前の冬、アマゾン河を手製の筏で下った。ひとりぼっちの、虫に魘され、孤独の真っただ中を漂う、そんな時間を学生の頃に過ごした。

f:id:explorer-ryo:20161129221655j:plain

 

当時、2012年。その前年度2011年、とある本が大宅壮一ノンフィクション賞を取った。(大宅壮一は、日本のジャーナリストであり、作家でもある。そんな彼の業績を讃えて作られた賞で、正賞は100万円、副賞は国際往復航空券が授与される)

 

受賞作品は二作。

 

一作は角幡唯介の「空白の五マイル」。世界に残された地図上における空白部、チベットツアンポー渓谷へと探検をする。歴史ミステリーも含めたサバイバル記である。

 

もう一作は、アマゾンを舞台にした、文明社会と切り離された世界にある民族との共同生活を描く。

 

その本にはアマゾンの未だ知らぬ一面を濃厚に描いており、地球に生きる人間の深さのようなものを感じた。NHKのディレクター、著者のそんな肩書きに、少し驚きも感じた。ノンフィクション作家でも、ジャーナリストでも、探検家でもない、キー局のディレクター。

 

本のタイトルは「ヤノマミ」。副題も添えず、ただ、ヤノマミとだけ書いてあった。その潔さに、また表紙のインパクトに、やられた。

 

捲るページ、内容の濃さに、また、半月をかけてじっくりと歩み寄る取材班の綿密で繊細なアマゾンの風景と人物、その描写に吸い込まれた。

 

現在、各書店にヤノマミの本は置いてあるが、ヤノマミの放送映像を観ようと思ったらNHKオンデマンドの有料チャンネル内でしか閲覧する事はできない。

 

先日、ずっと観たかったその放送回を観る事ができた。

 

f:id:explorer-ryo:20161222182003p:plain

 

ヤノマミ、その民族が持つ特殊な死生観は、取材の後半戦、闇夜のジャングルに木霊する。

 

14歳の少女が初めて子を身籠り、集落の外れの森で息む。そして、この世に生を産む。しかし、その赤児をジッと見つめ「人間として育てるか、精霊として大地に返すか」を決める。

 

現代社会に生きるわ達達からすれば、それは殺人という行為に他ならないかもしれないが、ヤノマミは人と、精霊、その狭間に生きる民族なのだ。

 

我々がすべて理論づけて証明する自然現象も、人間が持つ不思議な生体能力も、彼らはそれを精霊や目には見えぬ独自の世界観、宗教観、死生観に反映させる。

 

本と映像、両方を観る事によって、一層アマゾンの大地が持つ神秘さや、その深さに触れる。

 

また、アマゾンに生きたくなった。

NHKスペシャル「大アマゾン最後のイゾラド」感想 人類史の重大な転機は誰にも気がつかぬままやってくる

NHKスペシャル大アマゾンシリーズ、最後の第4章『イゾラド』

f:id:explorer-ryo:20161127220326p:plain

流石、NHK。そう思える、最終章であった。

 

第一弾は怪魚。

第二弾はガリンペイロ(ゴールドの違法採掘者)。

第三弾は巨大猿。

 

正直、巨大猿まで見ていてあまり面白いとは感じなかったが、第四弾のイゾラドはそれまでの企画とは一線を画したものとなっており、最終章に添えるだけの濃密な内容だった。

 

文句無しに、面白い放送だった。

続きを読む

汗見川の蕎麦、収穫してきた。

嶺北も秋の収穫シーズンに突入し、柚子もショウガも蕎麦も、全て同時期に収穫を行う。なにかと力仕事、だからこそ人手が足らず、田舎で暮らす若者は重宝される。

 

私が嶺北の移住を考えた大きな要因である、汗見川。そこの蕎麦収穫を手伝ってきた。長野県生まれだが、蕎麦畑は初めて。稲刈り以上にしんどかった。

汗見川へ

f:id:explorer-ryo:20161116213130j:plain

異常な程に透明度が高く、またエメラルドのような色合いをしている。吸い込まれそうなほどに、美しい川だ。浅く見えるが、実は4メートル程の深度で、直に見ると少し怖く感じる。

続きを読む

映画レビュー「冷たい熱帯魚」感想 ボディを透明にする

某レンタルショップでトラウマ映画特集に陳列された作品にそそられてしまう、りょう(@sorimachi)です。

「凶悪」「ダンサーインザダーク」などの有名ドコに並んであった一作。凶悪も実録犯罪モノでぶっとんだ内容であり、冷たい熱帯魚も同じく、ぶっとんでいた。なによりも、でんでんの怪演が凄まじく、各俳優陣の体当たり演技も映画の世界、というよりも当時の犯行へと巻き込まれて行く。

僕はなんとなく、見終わった後に珈琲が飲みたくなりました。

 

冷たい熱帯魚

f:id:explorer-ryo:20161113224401p:plain

公開日: 2011年1月29日

監督: 園子温

死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きという非行を招く。スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。
しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。 続きを読む

高知の地味な名所、伊尾木洞行ってきた。

ひょんな事で知り合った高知大の子に案内してもらい、高知の隠れた良きトコ紹介してもらいました。りょう(@sorimachi)です。

冒険分野の一つである洞窟探検には全くそそられない僕ですが、ほんの少しばかり洞窟も面白いかなあ、と思った一日でした。

 

どこ?

f:id:explorer-ryo:20161113213957p:plain

ここ。

高知市から車で一時間程走らせると、香美市を過ぎて安芸市に辿り着く。伊尾木洞の看板表記は見たとこ皆無で、所見は厳しめ。

普通のゲオとかスーパーとかがある通りを走らせていると、ふいに公民館が現れそこに駐車、そこからは道案内があるからてくてく歩く。そうすると三分もしないで伊尾木洞に着く。

 

伊尾木洞

f:id:explorer-ryo:20161113212500j:plain

洞窟の入り口は空気が一気に冷え込み、町特有の匂い、その一切が消える。町の雑音も次第に消え、風が通り抜ける音と、洞窟の天井からこぼれて弾ける水の音が聞こえる。

続きを読む

高知の名産、柚子の収穫してきた。

高知の嶺北地域は本当に狭い道が多い。軽自動車しか通行できない吊り橋とか、ガードレールも無い岸壁の砂利道とか、傾斜がすごかったり。だからこそ、朝の霧も、風にゆったりと揺れる木々も、太陽に照られてた山並みも、風景の全てが清々しい。

f:id:explorer-ryo:20161110213203j:plain

 

柚子畑へ

高知に移住してきて10日ばかりが経った今日、嶺北が育む果樹、柚子の収穫をしてきた。柚子が直に生っているのを見た事がなく、柑橘系だからみかんみたいなモノかと思っていた。

f:id:explorer-ryo:20161110213846j:plain

柚子は急斜面に作られていた。昔、棚田だった場所に植えているから、よく見ると段々になっている。畑は爽やかな、酸味のある香りがした。

木々に黄色い果実が沢山実り、どこまでも続く山並みの風景と相俟って素晴らしき景色を作り出していた。

続きを読む

映画レビュー【ミッドナイト・イン・パリ】感想 ※ネタバレあり 黄金時代と誇大妄想

こんにちは。植村直己が生きていた時代に旅をしたかったと常々思う私が不意に改心するキッカケとなった映画の話です、りょう(@sorimachi)です。

ザックリと、「昔に生まれてたらなあ…」なんて、少しは思った事ある人、多いのではないでしょうか。今の時代だからなあ、とか、もっと前だったら俺は今よりなあ、とか。

そんな事考えてる暇あるなら、今をちゃんと生きろ!ばか!

と後押ししてくれる作品なので、気持ちが落ち込んだときとか、元気出したい時にオススメです。

 

ミッドナイト・イン・パリ


映画『ミッドナイト・イン・パリ』予告編

【公開日】 2012年5月26日 

主人公のギル(オーウェン・ウィルソン)は、小説家を目指すハリウッドの脚本家。芸術の都パリに心酔し、パリに住みたいと考えている。婚前旅行で訪れたパリで、ギルは深夜の散歩中、レトロな車に乗せられて古めかしいバーを訪れる。そこで出会うのは、1920年代の作家、F・スコット・フィッツジェラルドとその妻であり、やはり作家のゼルダ。ギルは、黄金時代だと憧れる1920年代のパリにタイムスリップしていたのだった。 

続きを読む